人気ブログランキング |

ブログトップ

昇仙峡カントリークラブ

屋根の修理でペンキが大変です。

f0096067_15535713.jpg

いいですねえ、このジャンク具合!
アメリカでは古くなって使わなくなった納屋とか建物とかが人気で、解体した建物から出たチークとかパイン
とかの古い木材が高値で取引されたりしていますが、これはどうみてもただの腐った木ですので、きっと誰
も引き取ってくれなさそうですし、さらに雨漏りはするは、風通しはいいは、で百葉箱としてきちんと気温が
測れない、とHキーパーが嘆くものですから、しょうがない屋根を直すことにしました。

f0096067_15514034.jpg

どうです、この完成度!
長老のFさんと私とで木材をカットし、Oくんと私とでペンキを塗り組立ました。いや~、なかなか大したもの
ですが、木材のカットの段階で、長老のFさんは板の長さを「すべて71cmね、わかった」と言って、切ったは
ずなのですが、並べてみるといろいろで、なかなか大変でした。ペンキを塗ったOくんから「はい、オーケー」
と、板を受け取り、ドライバーで止めようとしたとたん、ペンキがまだ十分に乾いておらず、手が白くなって
さらにぐちゃぐちゃになり、なかなか大変で、これだから共同作業はやめられない、と思ったた百葉箱の修理
でした。 9/5 (中)
by syosenkyo-cc | 2012-09-05 17:06 | Comments(0)