<   2006年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧


メジロ リベンジなったか・・・

前回のブレブレメジロのリベンジに行ってきました。

結果?代わり映えしません・・・・。
f0096067_17135213.jpg

返り討ち・・・・。

再リベンジ決定!
[PR]

by syosenkyo-cc | 2006-09-30 17:20 | | Comments(0)

メジロ

全長 12cm 前後で、スズメよりも小さめ。緑がかった背と暗褐色の羽を持ち、雌雄同色。目の周りの白い輪が特徴であり、名前の由来ともなっている(なおメジロ科に属する鳥は英名でも "White-eye" と呼ばれ、また中国語名では「繡眼鳥」と呼ばれ、やはり名前の由来となっている)。

日本で見られる野鳥の中では、ミソサザイに次いで最も小さい部類に入る小鳥である。

食性は雑食だが、花の蜜や果汁を好み、育雛期には虫なども捕食する。

留鳥だが花の蜜を大変好むため花期に合わせて行動し、春には好物の花の蜜を求めて南から北へと移動するものもいる。特に早春は梅の花に群がる様子がよく観察され、「チー、チー」という地鳴きで鳴き交わす様子がよく観察される。

非繁殖期は群れで行動することが多く、カラ類と混群を形成することも多い。 繁殖期は番いで分散し、2羽で鳴き交わしながら花から花へと飛び回る様子がよく観察される。

メジロは甘い蜜を好み、また里山や市街地でも庭木や街路樹などの花を巡って生活している。そのため昔から人々に親しまれた鳥である。現在も、切った果物や砂糖水などを庭先に吊しておくことでメジロを呼ぶことができ、野鳥観察において馴染み深い鳥の一種である。

またメジロは比較的警戒心が緩く、頻繁に鳴き交わしつつ群れで行動するため、慣れた人だと口笛で(歯笛の感覚で吹く)仲間がいると思いこませ、群れを呼び寄せることもできたという。

鳴き合わせと密猟
メジロは良い声で囀るため、江戸時代からメジロを鳴き合わせる(競争)道楽の対象となっていたが、野鳥の乱獲による生態系破壊や種の交雑が問題化した近年になり、鳥獣保護法による規制が強化され、現在は特定の場合を除きメジロの捕獲および飼育が禁止されている。

f0096067_1550629.jpg

f0096067_15502418.jpg

ぶれてる・・・お恥ずかしいです。感度をメいっぱい上げてもSSが1/25しか出ませんでした。
リベンジ決定。
[PR]

by syosenkyo-cc | 2006-09-26 15:51 | | Comments(0)

クラブ選手権決勝

本年度のクラブチャンピオンが決まりました。

高城正男様です。
予選は2位でしたが、決勝で逆転。
2位の竹井輝雄様に2打差をつけて初のクラブチャンピオンに輝きました。
おめでとうございます。
f0096067_6584561.jpg

2位の竹井輝雄様。
予選ではトップとの差9打差。決勝では猛追を見せましたが2打届かず無念の2位でした。
f0096067_71122.jpg

3位は仲村清和様。
予選はトップでしたが残念無念の決勝となってしまいました。
f0096067_74545.jpg

[PR]

by syosenkyo-cc | 2006-09-18 07:04 | ゴルフ | Comments(0)

クラブ選手権

このところいつも昆虫や鳥の話題でしたので、久しぶりにゴルフ場のブログらしくゴルフネタを。

ということで本日はクラブ選手権の決勝です。
本日の夕方には結果は出ますが、その前に決勝参加者の紹介をしておきます。
f0096067_10281744.jpg
f0096067_10283916.jpg

f0096067_1028585.jpg

f0096067_10291950.jpg
f0096067_10294465.jpg

f0096067_1030634.jpg

f0096067_10302784.jpg
f0096067_10304549.jpg
f0096067_1031484.jpg

f0096067_10312890.jpg

f0096067_1031453.jpg
f0096067_1032534.jpg

今年は8位タイが12名になりました。
この記事を作成時点ではまだ熱戦の真っ最中です。

結末やいかに!夕方の更新に乞うご期待!!
[PR]

by syosenkyo-cc | 2006-09-17 10:34 | ゴルフ | Comments(0)

蝶尽くし

ツマグロヒョウモン
野原や公園などに広く生息し、都市周辺ではヒョウモンチョウの中で最も見る機会が多い。
もともと南方系のチョウだが、幼虫がパンジーなどスミレ類を広く食べることから園芸植物にまぎれて広がった。また、地球の温暖化もこのチョウの隆盛に一役買っている。(ただし北国では冬越しできずに死んでしまう)
これはオス。後翅のへりが黒くなっていることで他のヒョウモン類と見分けられる。
f0096067_1818458.jpg


アゲハチョウ
もっともなじみ深いチョウのひとつ。都会の真ん中から山地まで、様々な環境で見ることができる。
あまりに普通種すぎて見過ごしがちだが、はねのデザインはとても美しい。
幼虫は、ミカンやカラタチの葉を食べる。緑の少ない街なかでも、ミカンの鉢植えさえあれば、このチョウがどこからか飛んできて卵を産んでいく。
f0096067_18201680.jpg

D200+VR70-200/2.8+2倍テレコン
[PR]

by syosenkyo-cc | 2006-09-06 18:21 | | Comments(2)

カラスアゲハ

カラスアゲハは鳥のカラスと違って真っ黒じゃありません。
一見黒っぽいが、よく見るとはねの表が緑色~青色に輝いて見える美しいアゲハチョウ。輝きの強さは、見る角度によって微妙に変化する。
都会には少なく、郊外でよく見られる。山道の湿った地面で吸水していることが多い。また、ツツジなどの花でよく吸蜜する。
幼虫の食草は、コクサギ、サンショウ、キハダなど。
背景が白トビしちゃいましたが、グリーンとブルーとラメ?が分かっていただけると思います。
f0096067_16995.jpg

違う種類ですかね?後翅にオレンジの点々がないです。
ぶれちゃいました・・・・(汗) 望遠180mmレンズで手持ちの近接撮影は難しいです・・・。
f0096067_16101830.jpg

普通のクロアゲハはこんな感じです。
f0096067_16112752.jpg

f0096067_16145369.jpg

すべてD200+タムロンSP AF180mmDi MACRO マスター室前で撮影
[PR]

by syosenkyo-cc | 2006-09-02 16:13 | | Comments(0)
line

わくわく☆ドキドキ 昇仙峡カントリークラブ


by syosenkyo-cc
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30